[受付時間] 8:00〜18:00
[定休日] 土曜日・日曜日・祝日

ブログBLOG

「福やね」とご用命下さい。

「福やね」とご用命下さい。

フリーダイヤル

(0120)291-487

[受付] 8:00〜18:00

[定休日] 土曜日
日曜日/祝日

ブログ

スレート屋根のデメリット

みなさん、こんにちは(^^♪

福井県の屋根リフォーム専門店 福やねです!

天皇誕生日が2月だという事に令和4年にして初めて気づいた「福やね」営業担当の大﨑です。平成の時は、その年最後の祝日だったのでこんなに早い時期だと思いませんでした😅これで祝日の無い月は6月と12月になりますね~

さて、今回は「スレート屋根」のデメリットをご紹介します。前回もお話しましたが、どの屋根材にもメリット・デメリットがありますので、これが良いとか悪いとかではなくご自宅の屋根のことを知って頂き、皆様が上手に建物と共に過ごしていただければと思います😌もちろん屋根のリフォームやメンテナンスは是非「福やね」にお任せくださいね‼無料点検も実施中ですのでお気軽にご相談ください。

デメリットその1.ひび割れ

スレート屋根のメリットは軽くて耐震性が高いと前回お話したのですが、確かに耐震性が上がり建物には非常にありがたい屋根材です。しかし、屋根材が劣化してくると塗装も劣化し水分が浸透しやすくなります。浸透した水分が凍結や融解を繰り返しひび割れを起こしやすくなります。また水分を含んだ屋根材に苔やカビなどが生えやすくなります。特に北面など陽の当たりにくい部分は要注意です!生えてしまった苔やカビが広範囲に繁殖し劣化を早める事になります。

水の滞留しやすい屋根材の重なり部分に苔が生えてしまった写真です。

こちらの写真は、塗装の劣化が激しく水分が浸透しやすい状態です。

デメリットその2.定期的なメンテナンスが必要

スレート屋根の耐久年数は約20年~30年と言われていますが瓦などと比べると塗装などの定期メンテナンスが必要です。塗装の頻度は約10年毎と言われていますが、塗装を施しても母材自体が新しくなるわけではないので葺き替えしなければいけない時は絶対にきます。最近では10年毎に塗装を繰り返して費用をかけるより、最初のメンテナンスで葺き替えやカバー工事をされるお客様も多くいらっしゃいます。確かにその方がコストパフォーマンスが高いですし、複数回塗装した屋根は塗料がしっかり付着せず施工不良となるケースもあるそうです。

上の図は3回の屋根塗装と1回の屋根リフォームをグラフにしてみたものですが、どちらの工事にも必ず必要になってくる足場費用も塗装ですと3回分費用がかかりますよね。1回の足場費用はおよそ30万円前後ですから、屋根塗装だと単純に60万円分足場費用を多く負担することになります。それでしたら、その費用を雨樋や外壁のメンテナンスに回す方が得策かもしれないですね。

デメリットその3.野地板の腐食のリスクが高い

熱狂的なこのブログのファンの方なら(そんな人いるの⁉)覚えてらっしゃると思うのですが、瓦屋根のメリットの一つに通気層を確保しやすい事があったと思います。ところがスレート屋根の場合、通気層の確保が困難になります。これは金属屋根にも言えるのですが、スレート屋根は先にお話しした水分が浸透しやすい事が関係してきます。スレート屋根はまず野地板を貼り、その上に防水シート(ルーフィング)を敷いてから屋根材を設置していきます。浸透した水分が結露により屋根材の下のルーフィングに到達。野地板とスレート材に挟まれた防水シートは熱気と水分を逃がすことができません。そうなってしまうとコロニアルの屋根の中はサウナ状態になり腐食が進行し始めてしまうのです😨💦

 写真は腐食がかなり進行した状態です。

野地板が腐食してしまうとルーフィングも腐食し意味を成していない事になり、屋根に水が侵入し、雨漏りの原因となります。ひどくなりますと、部屋にポタポタと水が落ちてきます。雨漏りを放置してしまうと雨水が建物に染み込むことによって建物自体が劣化し、建物の強度を弱くするため倒壊につながり得ることもあります。また、水分を含んだ建築材にカビなどが生えることによって、ハウスダストアレルギーなどの健康被害雨水が電線に入り込むことで漏電やそこに起因する火災が起こるケースがあります。一つ但し書きをすると、雨漏りを放置~のくだりは「スレート屋根だとこうなります!」ではなくてどの屋根にも当てはまりますので皆様ご注意ください‼

今回は「スレート屋根」のデメリットをご紹介させていただきました。母材自体の耐久年数は比較的長いので費用はかかりますが、こまめなメンテナンスで長く付き合える屋根かと思います。ただメンテナンスの際に気を付けていただきたいのが「アスベスト」です。ご自宅のスレート屋根材がアスベスト含有品かどうかを知っておく必要があります。アスベスト含有品かどうかを見極めるのは非常に難しいですが、まずはご自宅を建てられた時期で判断するのが一般的かと思います。

アスベストのお話も話すと長くなっちゃいます・・・ので次回はアスベストのお話を!屋根材だけでなく外壁材も含めてお話させていただきますね☆

では今回は「スレート屋根」のデメリットを祝日の無い6月と12月がかわいそうだなーと感じる「福やね」営業担当の大﨑がお伝えしました🐶

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福井市、坂井市、あわら市、永平寺町で屋根リフォーム、板金、瓦、雨漏りなどでお悩みなら

屋根リフォーム専門店 福やね まで

お気軽にお問合せください!

TEL:0120-291-487

来店予約はこちらから

https://fukuyane.com/contact/

〒910-0015 福井県福井市二の宮4丁目17-5

電話受付/8時~18時

定休日/土曜、日曜、祝日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

屋根のリフォーム
お考えの方は
お気軽にご連絡ください。

\ 「福やね」とご用命ください /

[受付時間] 8:00〜18:00
[定休日] 土曜日・日曜日・祝日