[受付時間] 8:00〜17:00
[定休日] 日曜日・祝日・第2・4土曜日

雨どい交換・雨どい補修 keep rain fix

「福やね」とご用命下さい。

「福やね」とご用命下さい。

フリーダイヤル

(0120)291-487

[受付] 8:00〜17:00

[定休日] 日曜日/祝日
    第2・4土曜日

雨どい工事

雨どいの役割

雨どいは屋根から雨水が流れ落ちることで生じる騒音を防ぎ、雨水の侵入により建物が腐食することから守る役割があります。
さらに、屋根から流れ落ちた雨水によって、水たまりや溝ができることも防いでくれています。
雨どいはあまり目立ちませんが、お住まいを快適にする上では、とても重要な役割を担っています。

雨どいの形状

雨どいにもさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。
是非ご確認いただき、お役立て頂ければと思います。

  • セメント・和瓦の屋根

    半円型

      半円型は、角がないため、汚れがたまりにくいという特徴があります。 形状がシンプルなので、和洋風どちらの住宅にもなじみやすく価格も安価です。

  • スレート瓦の屋根

    角型

      角型は、半円型に比べ、断面積あたりの流水量がより多く確保できる特徴があります。 そのため、降水量が多い近年、主流の形状になってきています。

雨どいの素材と特徴

  • スレート瓦の屋根

    塩化ビニル(プラスチック)製の雨どい

      塩化ビニル(プラスチック)製の雨どいは、日本で一番使われている素材です。

  • メリット:
    価格が安く、色や形状のバリエーションが豊富
  • デメリット:
    耐久性が低く、経年劣化により弾力性が失われ、ひび割れや変色が起こりやすい
  • 金属系の屋根

    アルミの雨どい

      アルミ製雨どいは、とても丈夫なため、長く安心して使用したい方におすすめの素材です。

  • メリット:
    錆びに強く、耐久性が高い
  • デメリット:
    価格が高く、流水量が少ない
  • 金属系の屋根

    ガルバリウム鋼板の雨どい

      ガルバリウム鋼板は金属屋根として、とても人気な屋根材です。それに伴って、ガルバリウム鋼板製の雨どいにも注目が集まっています。

  • メリット:
    軽量で強度も高い上に、錆びに強く、耐久性も高い
  • デメリット:
    塩化ビニル製に比べ、価格がやや高い
塩化ビニル製 アルミ ガルバリウム鋼板
価格帯
耐久性
デザイン

雨どいが壊れる原因

  • セメント・和瓦の屋根

    風や雪

      例年、警報級の大雪が降る北陸地方。雪が降る度、といが外れたり割れたりするお家も多いです。最近では、自然災害に強い雨どいの種類も増えています。ランニングコストを考え、といのリフォームを考えてみるのも一つの手です。 また、状況によって火災保険が適用できる場合があります。お気軽にお問い合わせください。

  • スレート瓦の屋根

    経年劣化

      雨どいの寿命は15年。長くても25年になります。 20年以上経つと…

    • 金具が錆びる
    • 釘が外れる
    • カビ、コケの発生 などの不具合が生じます。
    • 放置した場合、建物の内部の腐食など、2次被害を引き起こす可能性があるため、早めのメンテナンスをおすすめしております。

  • 金属系の屋根

    ゴミ詰まり

      雨どいには、葉っぱや木の枝、飛んできたゴミなどさまざまなものが集まります。 近くに木がある場合、落ち葉が詰まる可能性が高いです。雨どいにゴミが詰まったまま放っておくと、雨水があふれてしまったり、普段入らない箇所に雨水が侵入し雨漏りの原因にもなりかねません。 雨どいを見る機会は滅多にないと思いますが、最低でも年に1回は雨どいを確認しましょう。

雨どい料金メニュー

  • 塩化ビニル 105
    料金:3,000円~/m
  • アルミ 6号
    料金:9,300円~/m
  • ガルバリウム鋼板 105
    料金:4,000円~/m

屋根のリフォーム
お考えの方は
お気軽にご連絡ください。

\ 「福やね」とご用命ください /

[受付時間] 8:00〜17:00
[定休日] 日曜・祝日・第2・4土曜日